導光板の種類

導光板=LGP(Light Guiding Panel)

は側面から入れた光を拡散させ、
表面に均一に拡散させて正面に導き出す役割をする為、導光板と呼ばれています。
導光板をパネルに使用することで、背面に蛍光灯を入れる必要がなくなり、
薄く、ムラのない効率的なパネルを製作することができます。

導光板の種類


導光板にはいくつかの種類がございます
それぞれの長所・短所がございますので、ご予算・使用法にあった導光板をご提案します。


  シルク印刷 V溝カット 成形 レーザー
方式 ドットパターンを
印刷する方式
プロッターで
溝を削る方式
型材にアクリルを
流しこむ方式
レーザー波で
面をキズつける方式
導光板 シルク印刷 導光板 V溝カット 導光板 成形 導光板 レーザー
明るさ 120% 100% ~100% 110%
制作時間 25秒 ~600秒 ~180秒 ~600秒
特徴 イニシャルコスト必要。
高輝度、安価。
量産向。
品質にバラつき。
輸入経費必要。
大型製品向。
金型代必要。
小型製品用。
大量生産向。
少ロットでも対応。
均一発光。
小型製品向。
※画像・イラストの無断転載・使用等はご遠慮ください。

導光板の特徴


導光板の上に紙やポスターを置くと、背面が明るく均一に発光し、光るポスターとなります。
化粧品売り場やお店の案内看板、フードコートのメニューの他に葬儀場の遺影写真額なども当社の製品が多く使われています。

導光板を使った製品の実例


導光板・スルーライトパネルを使った実例はこちら
導光板・ライトパネル・カスタム電源のインタビュー記事はこちら


曲がる1㎜の導光板を使用した「ウィングライト」を発表


ウイングライトの詳細ページはこちら


SGKが取り扱う導光板・面発光パネル・LED関連製品はこちら 製品一覧
製品の詳細、カスタム仕様のご要望は、お気軽にこちらからお問い合わせください。
お気軽にお問い合わせください LED面発光パネルとは 導光板の種類 安全規格について